« ベン・トー サバの味噌煮290円 | トップページ | 荒野 »

2008年6月22日 (日)

四畳半神話大系

これはようするにうる星やつらビューティフルドリーマーなのだった。少しずつズレながらも永遠に続く心地よいモラトリアム。そのループから脱するための主人公の通過儀礼。まさに然りである。

そんな設定をいつもの森見ならではのDT感溢れる自虐的加害的文体は自分としては実に唸らせられるところであり、まったくもって同意する限りなのである。
まあ、しかし、とどのつまり、結局のところ、ハッピーエンドとはね。成就した恋の話など聞きたくもないわ。

お勧め。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

四畳半神話大系 (角川文庫 も 19-1) Book 四畳半神話大系 (角川文庫 も 19-1)

著者:森見 登美彦
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ベン・トー サバの味噌煮290円 | トップページ | 荒野 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/21813216

この記事へのトラックバック一覧です: 四畳半神話大系:

« ベン・トー サバの味噌煮290円 | トップページ | 荒野 »