« 低俗霊DAYDREAM(9)~(10) | トップページ | 孤独のグルメ »

2008年5月25日 (日)

君のための物語

悪くはない。しかし甘い。誰もが仲直り的な甘さである。まあ物語をものがたりっぽくするために登場人物たちに過酷な環境を与えるのもどうかとは思うが、安直にお友達化する設定もいかがかと思うわけだ(というほどご都合主義というわけもないのだが)。

ワープロの使いはじめで普段だったら絶対使わないような言葉を多用する的なヘンに硬い文体がひっかかったりするが、世界観、というか、舞台設定は平凡ながら的確。全体的にはまあまあ楽しんだといったところである。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

君のための物語 (電撃文庫 み 13-1) Book 君のための物語 (電撃文庫 み 13-1)

著者:水鏡 希人
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 低俗霊DAYDREAM(9)~(10) | トップページ | 孤独のグルメ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/21158672

この記事へのトラックバック一覧です: 君のための物語:

« 低俗霊DAYDREAM(9)~(10) | トップページ | 孤独のグルメ »