« 南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史 | トップページ | 君のための物語 »

2008年5月25日 (日)

低俗霊DAYDREAM(9)~(10)

当初はSMの女王様(でもオトメ)の除霊師が繰り広げるオカルトコメディの様相であったこの作品。いつのころからディープかるシリアスな展開になってしまうのだが、それは長編マンガにおいてはよくみられる現象である。いや、作品が霊などの負の要素(つまり死だが)を取り扱っている関係上、それはしかたのないことであろう。自分としてはむしろどう話をたたむのかに興味があったのだった。大きな敵を倒してよかったね的なありきたりの大団円にはならないだろうとは思ったし、さりとて全滅ジェノサイド的な逃げもあるまいとも思っていたのだけれど。しかし、大きな物語のあとにその後の話にもなっていない正直どうでもいいようなエピソードがあって、それをもっておわりという手法にはちょっとびっくりした。実にアンチクライマックス的。

うがってみれば主人公の主観としての物語は、むしろ消失と再生であって、それは物語としてのクライマックスには到達できなかったから、このようなおわり方になったということなのかもしれない。(まあ単行本一冊に足りないから無理やり連載を延ばしてみたのかもしれないけれど)

シリーズを通してみた場合、自分は中盤くらいの思いきりのよいエピソード群が好きだったので後半戦はちょっとつらいところもあったのだけれど、しかし、キワモノにして王道のホラーマンガとして、後発者に(それなりに)影響を及ぼす作品にはなったのかなぁ、と思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

低俗霊DAYDREAM 10 (10) (角川コミックス・エース 70-10) Book 低俗霊DAYDREAM 10 (10) (角川コミックス・エース 70-10)

著者:奥瀬 サキ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

低俗霊DAYDREAM (9) (カドカワコミックスAエース) Book 低俗霊DAYDREAM (9) (カドカワコミックスAエース)

著者:目黒 三吉,奥瀬 サキ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史 | トップページ | 君のための物語 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/21158620

この記事へのトラックバック一覧です: 低俗霊DAYDREAM(9)~(10):

» 【海外】アステカ文明の水晶ドクロ、大英博物館とスミソニアン所蔵のものも偽物と判明[5/26] [究極の宗教 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1211796981/ [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 22時07分

« 南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史 | トップページ | 君のための物語 »