« MAMA | トップページ | 美術の核心 »

2008年4月19日 (土)

淫牝

自分が信用しているR18マンガ家のひとり、ひぢりれいの最新作。ではあるが中身は過去未収録の作品集となっており、エロ的興味よりは、絵柄の大いなる変遷をざくっと観ることができた面白さのほうが強かったなぁ。
過去のバタ臭い絵柄が、最近の萌えシロの多いそれにどうやって変化していったのかということが、時系列で一気にみると、「あ、ここらへんを強化していったか」とか「こういう表現に興味がシフトしていったのね」とか、けっこうわかるものである。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

淫牝 淫牝

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

|

« MAMA | トップページ | 美術の核心 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/20379355

この記事へのトラックバック一覧です: 淫牝:

« MAMA | トップページ | 美術の核心 »