« 淫牝 | トップページ | 南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史 »

2008年4月19日 (土)

美術の核心

日本人は無類の印象派好き。その命題に対してなんらかの答えが欲しくて読んでみたわけだが、まあ判ったような判らなかったような結論。結局、主観でしかないのね。自分としてはもっと歴史的背景や心理学的要素とか民族論とか、客観的な検証がなされた解答が(まあそれとて仮説にしかならないのだとしても)知りたかったのだが、美術史研究においてはそういう文脈で整理されることはないので、しかたがないのかなぁ、ないものねだりだったのかなぁと思いつつ、個人的にはさらに追求していきたい命題ではあるので、深く静かに調査していきたい。

で。本自体は、読みやすい初心者向けの美術指南となっていて、かなり面白かった。自分は(自分で云うのもナンデスガ)それなりに経験値があるつもりだけど、細分化されたジャンルにおいては知らないこともあり、また知っていても表層的な知識であったりで、その再確認ができるという点でも、非常によかったなぁと思うのであった。

できれば、より深く学びたい人に向けた参考図書の紹介があればなおよし、かなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

美術の核心 (文春新書 614) Book 美術の核心 (文春新書 614)

著者:千住 博
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 淫牝 | トップページ | 南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/20379467

この記事へのトラックバック一覧です: 美術の核心:

» 恋愛心理学 [恋愛心理学]
恋愛に悩んでいる人の為に、思ったことを書いてみるブログを作ってみました。悩んでる人は是非見に来てください。 [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 10時03分

« 淫牝 | トップページ | 南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史 »