« 上司の哲学 | トップページ | 職人ワザ! »

2008年4月 9日 (水)

ようこそ無目的室へ!

作者がやりたかったことがあまりにもわかりやすくて、読んでいるこちらが照れちゃいました。

自分はミステリーを読んでいていつも疑問に思っていたのだ。なぜこんなに人が死ぬのだ、と。もっと普通の生活の中に「謎」があっていいのではないか。そんな中で北村薫などが「日常の謎」というジャンルを開拓し、ひとつの答えを出したのだけれど、しかし自分は、それすら違うのではないか、日常の謎がイコール情の物語になっていることに対して、もっと思考実験的でもいいのではないか。と思っていた。(あ、もちろんハードなミステリーが嫌いなわけではない)

よくよく自問してみると、なんのことはない自分の理想のミステリーとは「黒後家蜘蛛シリーズ」であったということだ。些細な謎に、ヒマ人たちがあーでもないこーでもない、と解釈をつける。便宜上、それらしい回答を設けはするが、しかし本質的にはどれが答えでもいい。なぜなら思考実験すること自体が目的だから。そういうミステリーが好きなのであった。

というわけで、本作。それはもうあからさまに黒後家蜘蛛を意識している。なんたって藍座市に霜府高校だからね。まあ、単純にミステリーとして読むと、謎もその回答も非常にゆるく甘すぎるぞ、というところなのだけれど、無目的室というぬるま湯部活な雰囲気がけっこう楽しいので、それで相殺してもいいかな、と思った。話のさげの一言もけっこうキレイで小粋な感があって、自分は好感触を持ったしね。こういうものいーんではないでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

ようこそ無目的室へ! (HJ文庫 あ 1-2-1) Book ようこそ無目的室へ! (HJ文庫 あ 1-2-1)

著者:在原 竹広
販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 上司の哲学 | トップページ | 職人ワザ! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ無目的室へ!:

« 上司の哲学 | トップページ | 職人ワザ! »