« 闇を見つめて | トップページ | 逆襲の地平線 »

2008年3月12日 (水)

ジャストボイルド・オ’クロック

うーん、ビミョーに期待はずれ。もっと小粋なアクション(格闘とかの、ではなく行動する者の物語としての)ストーリーを想像していたのだけれど、ライトノベル的内省成長痛があっての、いかにもなヒーローストーリー(?)であった。それはそれでいいのだけれど、語り口が雑で言葉足らずなところと冗長なところが入り組み、ようはあまり整理ができておらず、すんなり読み進めなかった。いかにも残念である。

人類崩壊後の家電共生人類というアイディア、CI戦略としての職業的ヒーローというアイディアなど、けっこう面白げな設定ではあるのだけれど、それがきちんと生かしきれていない。それも物語が整理できていないことによるもので、ああ、もったいないなぁ、と思うわけだ。

いろいろと悩み多い現実社会に生きている我々としては、そのようなしがらみから離れて痛快ハードボイルドヒーロー小説をものにしていくってのもなかなかに難しいのかもしれない。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

ジャストボイルド・オ’クロック (電撃文庫) Book ジャストボイルド・オ’クロック (電撃文庫)

著者:うえお 久光
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 闇を見つめて | トップページ | 逆襲の地平線 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/11187279

この記事へのトラックバック一覧です: ジャストボイルド・オ’クロック:

« 闇を見つめて | トップページ | 逆襲の地平線 »