« 夜を守る | トップページ | 閉じられた世界 絶望系 »

2008年3月 8日 (土)

神様のパズル

「宇宙を創る」という、実にSFらしいアイディアのSFとして物語が展開するのかと思っていたのだけれど、実際は天才科学者少女の成長痛と通過儀礼の物語であった。肝心の壮大なホラ話としてのSF的ストーリーは、まあそれがメインテーマでもありそれなりに語られてはいるものの、やや不完全燃焼。実際にどうなったのか?の部分については逃げをうっており、ちょっとそれはずるいなぁと思わざるを得ない。こちらがSFの王道を必要以上に期待していたせいかのかもしれないし(それは小松賞というブランドに対しての期待でもあったわけだが)、その点、ちょっと不当な感想になっているかもしれない。

以上のような色眼鏡をとりあえず外して読めば、マイナージャンル(この場合、理系研究室)の若モノ小説としてそれなりにきれいにまとまっており、面白いとは思う。

でも。やっぱり。ガチでコアな空想科学な小説が読みたかったなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

神様のパズル (ハルキ文庫) Book 神様のパズル (ハルキ文庫)

著者:機本 伸司
販売元:角川春樹事務所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夜を守る | トップページ | 閉じられた世界 絶望系 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/11084121

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のパズル:

« 夜を守る | トップページ | 閉じられた世界 絶望系 »