« ジャストボイルド・オ’クロック | トップページ | すべての美人は名探偵である »

2008年3月16日 (日)

逆襲の地平線

この作者のストーリーテリングは常に見事である。今回も物語の勢いとスピード感、そして叙情性などがはまるべく配分で配置され、一気に読了させられてしまった。

自分は西部劇って実はそんなに好きではない。多分それは銃社会の悪しき礎となったゆがみをそこに感じているせいだ(というとエラソーだな。単純に銃反対ってことだ)と思うのだが、それはそれとして話として面白ければやはり嫌うべきではないとも思っている。

やはり今の時代に書かれるということの意義は、あるのだろうと思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

逆襲の地平線 (新潮文庫 お 35-8) Book 逆襲の地平線 (新潮文庫 お 35-8)

著者:逢坂 剛
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ジャストボイルド・オ’クロック | トップページ | すべての美人は名探偵である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22198/11407621

この記事へのトラックバック一覧です: 逆襲の地平線:

« ジャストボイルド・オ’クロック | トップページ | すべての美人は名探偵である »