« 人類は衰退しました(2) | トップページ | 神様のパズル »

2008年2月22日 (金)

夜を守る

まあ石田衣良作品の常として、基本的に水準はキープしているわけで、読んで大きな不満というものはない。エンタテイメントとして十分、楽しむことができた。

ということを前提にして、だが、物語の設定としては、ストリートの素人トラブルシューターの物語という構造となっており、IWGPと大差ないだろう。つかず離れずに組関係なども絡んでくるところも同じっちゃ同じ。違いといえば、マコッちゃんたちが非合法すれすれのハードボイルドな戦い方をみせるのに対し、アメ横ガーディアンズたちは「無理をしない」というところにあるだろうか。もちろん、それは素人たちの戦い方としては実に真っ当で、なるほどな、と思うところではある。そして、そのような差異を設定することで、他作品との違いをつくろうとしているのか、とも思う。
ただ、ここまで似通っている(わけでもないのだけれど)物語であるのであれは、読む側としてはいっそハードボイルドであってくれよ、と思わないでもない。であるが故に、隔靴掻痒の気分は否めない。ということなのだ。

まあ手の早いストーリーテラーとしては、どうしても似た傾向の作品を書くことも多くなるであろうし、色付けの工夫もあるので、読み手の勝手な希望をいうつもりはないけれど、なかなかに、ね。難しいですね。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

夜を守る Book 夜を守る

著者:石田 衣良
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 人類は衰退しました(2) | トップページ | 神様のパズル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜を守る:

« 人類は衰退しました(2) | トップページ | 神様のパズル »