« 美女採集 | トップページ | 幽霊屋敷の謎 »

2008年2月 4日 (月)

夢の守り人

相変わらずのリーダビリティで一気読み。面白し。

この作者のファンタジーの魅力でもあり特徴でもあるのは、ストーリーは叙事的でありつつ、しかし、実際には登場人物の内面/感情といった普遍的な要素に、より字数を費やしているということだろう。それは、冷めた見かたをすれば(基本的に)新登場人物がおらず、既知の者達が物語を推進していくために、それぞれの心の動きをより深く描かざるを得ないから、ということなのかもしれない。しかし、そのために作品としての深みも出るなら、それは作話の方法論としては実に正しいと思う。

おなじみのメンバーばかりで物語が展開するということに対しては、嬉しい反面、正直なところ、ちょっとご都合主義的なのでは、という気持ちがないわけでもない。シリーズ作品はどれも同じようなことがいえるし、普段はそんなこと気にもしないのだけれども、本作があまりにも語り口が流暢で、かつ叙事詩的なダイナミズムも持っているため、なんでこの人たちばかりにトラブルが舞い込んでくるの? という外形的な部分が目立って感じてしまったせい。まあ、ふと思った程度なのでどうこういう話でもないか。

とにかく、早いところ次巻を待望している(元本で読めばいいんだけどね)。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4) Book 夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4)

著者:上橋 菜穂子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 美女採集 | トップページ | 幽霊屋敷の謎 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の守り人:

« 美女採集 | トップページ | 幽霊屋敷の謎 »