« 夜の静寂に | トップページ | 写楽・考 »

2008年2月13日 (水)

ARISAチェンジリング

ストーリーも世界観も実にステレオタイプで新鮮味に欠ける。というようなライトノベル(に限らず定期的提供を行うジャンルはすべからく、だろうが)はよくみかけるわけで、それ自体はダメとは実は思ってはいない。裾野の広がりを構成する上で必要なのだろうなぁ、と思うからだ。まあ、個人的には好んでそのような作品群までを守備範囲にするつもりはないが。だから設定面におけるダメだしはとりあえずしない。

この作者だが、自分としては初見である。著作リストをみる限りでは冊を重ねているようだが、しかし、なんだろう、読んでいてどうもしっくりこない。語り口やネーミングなどのセンスが古いということもあるのだろうけれど、とにかくよくできたライトノベルにある熱がないのだ。淡白であるとかクールであるとかではなく、伝わるものがない。それは上述の設定の陳腐さが影響していることもあるのだろうけれど、この書き慣れなさはなんだろうな、と思う。作者の本来書きたい、あるいは得意としていないテーマやジャンルを勉強しいしい、機械的に書いている。そんな印象である。

ライトノベルがここまで爛熟している今、需要と供給においてもいろいろあるのかもしれないなぁ、と思うのであった。

ところで、作中、並行世界の説明で「ライトノベルやテレビアニメではよくある設定」的な表現があったが、例示としてこのふたつはいかがなものか? SFというジャンルに執着するつもりもないけれど、ちょっとね。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

ARISAチェンジリング (電撃文庫 な 2-22) Book ARISAチェンジリング (電撃文庫 な 2-22)

著者:中里 融司
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夜の静寂に | トップページ | 写楽・考 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARISAチェンジリング:

« 夜の静寂に | トップページ | 写楽・考 »