« ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | 武林クロスロード(2) »

2007年12月30日 (日)

暴風ガールズファイト(2)

ライトノベル的なデコレーションをふんだんにしているのだけれど、それは表現上の演出であって、その根幹にあるのはしごくまっとうに熱血的なスポーツ青春小説である。そこには超能力や異世界人などの飛び道具など一切ない。ひたすらに真剣にラクロスに向き合う少女達がいきいきと描かれているだけだ。
だから本質的にはライトノベルというよりはジュブナイルなのだと思う。

実のところ自分はスポ根は嫌いなのだ。根性という言葉に代表されるような我がままな精神論で組み立てられた筋肉バカはなんとかしてくれと常日頃思っていたりもする。とはいいつつ、純粋に何かに打ち込む熱血的な姿に単純に惹かれてしまう面もあって、つまりはスポーツが嫌いなのではなく、そこに巣食う強制精神が嫌いなのだなぁ。
本作品はそんなところがないので純粋に楽しみ応援することができるのかもしれない。

さて、今回はチームがいよいよ本格的に始動し始めるところまでの物語となっており、今後お約束方々含めていろいろと楽しい熱血部活生活が描かれていくのだろう。かなり期待する。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫 (さ3-5-2)) Book 暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫 (さ3-5-2))

著者:佐々原 史緒
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | 武林クロスロード(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴風ガールズファイト(2):

« ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | 武林クロスロード(2) »