« 輪環の魔導師 闇語りのアルカイン | トップページ | ナイチンゲールの沈黙 »

2007年12月30日 (日)

魔女の生徒会長

いつものように悩ましい成長痛を飛び道具的ネタでひねくれて描く作家の日日日としては、実にスタンダードな描き方をしているなぁ、と思った。たぶん、超常能力や魔法やその他諸々の非現実を(まあ、とんでもない生命力とか体力とかそういうはみでた部分は別にして)封印して作品を書いてみるというのが、自己課題だったのだろう。そしてそれはある程度成功しているように思う。ライトノベルと純文学の中間的色合いになっていて、いつもの日日日とはちょっと違う作品になっていたと思う。

読んでいて、これって「ハルヒ?」と思うところが随所に見られるのも面白いといえば面白かった。具体的にどこをどう引用して、ということではなく、なんとなく空気感のようなものを共有している、そんな感じなのだが、どうだろう。もっと明確な類似か所を見つけられた人がいたら教えて欲しい。

けっこう面白そうなシリーズになりそうである。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

魔女の生徒会長 (MF文庫 J あ 2-7) Book 魔女の生徒会長 (MF文庫 J あ 2-7)

著者:日日日
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 輪環の魔導師 闇語りのアルカイン | トップページ | ナイチンゲールの沈黙 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の生徒会長:

« 輪環の魔導師 闇語りのアルカイン | トップページ | ナイチンゲールの沈黙 »