« 幽霊屋敷ノート | トップページ | 天使が堕ちた街 »

2007年9月 5日 (水)

彼女はQ

読む前に予想していたのとは全然違うお話でびっくりした。表紙やあらすじを見るかぎりでは、女子校生ギャンブラーのコメディかと思っていたのだ。しかし、コメディはコメディなんだけど、そして女子校生ギャンブラーもそのとおりなんだけれど、そのベースとなる環境設定がね。地球に密かに侵入していた宇宙人との攻防なんて、まったく想像もしていませんでした。でもって、話自体はやっぱり、トンデモない能力を持つ学生のギャンブルなわけで、うーん、なんとまとめたらいいのかわからないんだけど、バカバカしいまでに破天荒なお話だった、としかいいようがない。

まあ、いままで読んできたライトノベルというジャンルからみれば、こういう話もありうるとは思うのだ。ガジェットや設定も個々にみればどこかで見知ったものではある。しかし、それをこのような組み合わせで話にまとめあげるというのは、ちょっと予想外で、それを独創というのであれば、まあそうなんだよなぁ、と思うのであった。

ギャンブル小説というジャンルは多くはない(と思う)が、虚実真偽が飛び交う真剣勝負という要素をむき出しに描くジャンルであり、その意味において良作であることが多い。少なくとも自分が読んできたギャンブルモノは、大なり小なり面白かった記憶がある。
本作もまた、いろいろと粗い部分はあるのだけれど、萌えシロを組み込み、特技超人設定を入れ込み、というライトノベルならではの要素によるジャンル小説としては、プラスアルファのバカバカしさも相まって、読んでいてかなり楽しむことができたと思う。シリーズ化するほどのアイディアではないとは思うが、一読の価値はあると思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

彼女はQ〈クイーン〉 (電撃文庫 よ 3-3) Book 彼女はQ〈クイーン〉 (電撃文庫 よ 3-3)

著者:吉田 親司
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 幽霊屋敷ノート | トップページ | 天使が堕ちた街 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女はQ:

« 幽霊屋敷ノート | トップページ | 天使が堕ちた街 »