« かわいいあなた | トップページ | ブレスレス・ハンター(3) »

2007年8月10日 (金)

おうちがいちばん(2)

秋月りす作品は安定して読める4コママンガである。ほのぼの、とそこまでのんびりしてはいないが、ノーテンキでポジティブなホームコメディが特徴であろう。特に本作は家族を中核としていて(いや、どの作品も家族をテーマとしているといえばそのとおりだな)、故にさまざまな世代での微笑ましい日常をすくいあげている。まあ、読んでいて、そういう日々の営みの共感が愛される理由だよなぁ、と思う次第である。

ただね。正直にいえば、ちょっと飽きてきてるのも事実。そんなに人生バラ色じゃないだろ、というか、所詮勝ち組の自慢じゃねーか、というか、ようするにヒガミなんだけど、別に羨ましいとかそういうことではなくて、ヒトの不幸をみて自分はまだましだよなぁ、とか、自己卑下と自己憐憫って自虐的でいいよなぁ、とか、そういう歪んだ感じが今はステキと思っており、あまりにも明るすぎて自分にはきっついなぁ、と。

そんな感じ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

Book おうちがいちばん 2 (2) (バンブー・コミックス)

著者:秋月 りす
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« かわいいあなた | トップページ | ブレスレス・ハンター(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちがいちばん(2):

« かわいいあなた | トップページ | ブレスレス・ハンター(3) »