« 五日性滅亡シンドローム(1) | トップページ | 酒のほそ道(21) »

2007年7月 4日 (水)

東京右往左往

ジャンルとしては絵とき歳時記。けしてマンガエッセイではない。サブカル系旅ルポが好きな人にはお勧めする。

モリナガヨウという作家を知ったのは、4コママンガ「あら、かなちゃん」で、一見単純な絵柄であるが、その実、非常に計算された、かつ直観的な線を引く人だなぁ、上手いなぁ、と感じており、本作においても緻密な描写力は街を描くということに物凄い力を発揮している。

1ページ1ページが非常に濃いので、これまたまとめて読むのではなく、一日1ページくらいの速度で、味わうべきなのかなぁと思うのであった。

ところで、この本、詳しくは判らないんですが、完全版、というか全話収録じゃあないですよね?「あらかな」のときもそうだったんだけど、ファン気質としては、よりぬきじゃあなくて、完全収録してほしいんだよね。需要と供給と個人的要望は常に一致しないのが世の常とは云え、物悲しいかぎり。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT Book 東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT

著者:モリナガ ヨウ
販売元:大日本絵画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 五日性滅亡シンドローム(1) | トップページ | 酒のほそ道(21) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京右往左往:

« 五日性滅亡シンドローム(1) | トップページ | 酒のほそ道(21) »