« もやしもん(5) | トップページ | ラルΩグラド(2) »

2007年7月 8日 (日)

闇の守り人

まずはじめに感じたのは、前作よりもとっつきがいいなぁということだろうか。おそらく主人公が馴染みの分、物語に入りやすいという理屈は納得しやすいが、それだけでもないような気がする。
語り口の上手さ。なのだろう。まだ導入部なのかなぁと思っていたら半分くらい話が進んでいたのには驚いた。中味がない、というのではない。物語の展開がスムーズでしかも面白いせいで、感覚で捉えられた以上に話が進んでいたということなのだ。それだけリーダビリティが高いということだ。まあ、物語自体シンプルな構造なので、飲み込みやすいということもあるのだが。

闇の守り人の謎については、半ば予想どおりであり、その決着もまあ予想のつく範囲であった。これはバルサが故郷を訪れた理由を語った時点でこうなると推測ができるだろう。だから、やはりこの物語は語り口の「ものがたり」であるということだ。

自分としては前作よりも好きなのだが、それは「逃げ」ではなく「追い」のスタンスで話が進んでいくせいだと思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

Book 闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)

著者:上橋 菜穂子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« もやしもん(5) | トップページ | ラルΩグラド(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闇の守り人:

» 上橋菜穂子『闇の守り人』(新潮文庫) [書評風 - 読んだら軒並みブックレビュー]
上橋菜穂子『闇の守り人』を読んだ。 『精霊の守り人』よりずっといい。世評の高さに目が厳しくなっていたのか、前作は面白いながらも冗長な印象が少なからずあった。どうも説明しすぎる。子供向きといえばそうなのだろうと納得して読み終えた。ただ、そこに書かれなかった物語の魅力があまりに大きかった。だから、好きな文章ではなかったけれど迷わずこの続編を手に取った。 一読、ずいぶんと文章がダイエットされている。書き...... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 22時21分

« もやしもん(5) | トップページ | ラルΩグラド(2) »