« 樹海人魚 | トップページ | 扉の外(2) »

2007年6月10日 (日)

アンダカの怪造学(6)

日日日は文章力がある。と何度も繰り返してしまっているのだけれど、これだけ捻くれた文章、かための単語をならべている状況でさくさく読めるのはやはり力があるからということだ。文章力/筆力があると、それだけで読みがいがあるからね。まあ、究極的には物語自身の力がないとダメなんだけど。これは、映画における脚本と演出の関係にも近いのかもしれない。

さて、シリーズも折り返し地点なんだろうか。いろいろとキャラクターや設定の掘り下げが続くが、そろそろシリーズとしての大きな着地点に向けて動きはじめたといったところだろうか。

ややマンネリ的、中だるみ的な感じがないわけでもない。1冊単位でとりあえずまとまっているので、それなりにクライマックス感はあるが、大きな話としての動きのほうが気になりだしているせいだろうか。

とりあえず、そんな感じ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

アンダカの怪造学 6 (6) Book アンダカの怪造学 6 (6)

著者:日日日
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 樹海人魚 | トップページ | 扉の外(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンダカの怪造学(6):

« 樹海人魚 | トップページ | 扉の外(2) »