« マリア様がみてる あなたを探しに | トップページ | かみちゅ!(2) »

2007年4月 3日 (火)

バカとテストと召喚獣

タイトル買い。ライトノベルのもうひとつの潮流である奇妙奇天烈学園コメディの系譜であろう。萌え、ツンデレ、ラディボーイ、バカ、策士等々、登場人物構造も実に典型的な配置になっていて、王道というかステレオタイプというか、そういう感じのお話であった。話としてゆるいし、オチもまたアンチクライマックス的バカバカしさでゆるゆる~なのだ。が。

学科試験と魔物召喚が連動してるメインコンセプトの無茶ブリ、パラメーターを試験の点数とするアイディアは、あまりにもアホすぎて逆にグッときてしまった。ただ、面白いといえば面白いんだけど、物語がより(RPGやSLGといった形而下的意味における)ゲーム的になってしまっていて、それはやりすぎなんじゃないのかなぁ、とも思うのだった。もう少し、数値化じゃない部分での「なにか」がないと、本当に単なるゲームノベライズみたいなのだよね。きょうび、ノベライズのほうがもっとドラマツルギーを考えているような気がするのだが。

そんな微妙にネガティブな感想ではあるのだが、しかし勢いとバカバカしさに関しては、アリかな。こういう話ばかりになってしまうのは考えものだが、たまにジャンクフードを食べたくなるようなそんな気分で読み求めることもあるというわけである。

ちなみに一番笑ったのは、章ごとのイントロQ&A。これじゃ大喜利だよ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

バカとテストと召喚獣 Book バカとテストと召喚獣

著者:井上 堅ニ
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« マリア様がみてる あなたを探しに | トップページ | かみちゅ!(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バカとテストと召喚獣:

» 資格 ユーキャン [資格 ユーキャンの真実!]
ユーキャン [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 17時47分

« マリア様がみてる あなたを探しに | トップページ | かみちゅ!(2) »