« モノケロスの魔杖は穿つ(2) | トップページ | さよなら絶望先生(7) »

2007年2月28日 (水)

クリア・ヴォイス

なんとなく好感の持てる話だった。なんとなく。アイディア的にもストーリーテリング的にも物凄い吸引力があるわけではなく、突出したところがあるわけでもない。しかしステレオタイプの平凡な物語というほど、凡庸ではなく、相応のオリジナリティはある。つまりは、いろんな意味において非常に素直な話で、そこがよかったのだろう。この物語のように、職業小説というか、(探偵という特殊な)仕事を通してちょっとだけ成長していく物語は、ヘンにトリッキーであったり、屈託していたりするのではなく、ストレートにシンプルに語っていくことが似つかわしい。それに上手くはまったということなのだろう。

根幹となるアイディアについては、実のところちょっと「?」なところがあって、国が歌手を育成保護するという設定にやや無理があり、それが物語上、様々な事件に展開していく中で、なんでそんな大事になっていくのかがずっと引っかかったまま話が進んでいく。翻って考えれば、きっとそれまでの大仰な事件が成立しなければならない真相があるのだろうと、容易に想像できてしまうのだが、そのへんの語り口としての処理の仕方が、いまひとつ読み手として不安な心持のままクライマックスまで引っ張られてしまった事に対して、もうワンクッション、フェイクをかませてほしかったように思う。が、それはちょっとないものねだりだろうか。

ともあれ、(ラストのすがすがしさも含めて)好感が持てるジュブナイルだったと思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

クリア・ヴォイス Book クリア・ヴォイス

著者:飯田 雪子
販売元:ソフトバンク クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« モノケロスの魔杖は穿つ(2) | トップページ | さよなら絶望先生(7) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリア・ヴォイス:

» [飯田雪子] クリア・ヴォイス [booklines.net]
叔父が所長をしている探偵事務所で働いていた花南が、初めて任された仕事は、聞いたこともない無名の歌手が、海外公演に行く際のボディーガードだった。事務所の先輩である庸之介と一緒とはいえ、力仕事はからきしな...... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 12時59分

» 『クリア・ヴォイス』 [Cherryh's blog annex]
『クリア・ヴォイス』作者: 飯田 雪子出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ発売日: 2007/02/14メディア: 文庫 飯田雪子の新刊。ずーっと、小説の新刊が出ていなかったのが、昨秋につづきこれが出て、ファンとしては、非常にうれしい。このペースで、とは言わないまでも、今後もある程度コンスタントに出てくれると嬉しい。 主人公・花南は、探偵事務所に勤め始めた新米。ようやくまかされた仕事は、デビュー前の無名の歌手のボディーガード。ボディガードが必要とは思えないのだが、それでも張... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 00時28分

« モノケロスの魔杖は穿つ(2) | トップページ | さよなら絶望先生(7) »