« オイレンシュピーゲル(1) | トップページ | スプライトシュピーゲル(1) »

2007年2月10日 (土)

東京夜話

自分が思っていた、いしいしんじという作家は、ほんの少し現実とはズレた架空の街を舞台にした寓話を描く人という印象だった。しかし、この作品は現実の東京を舞台にしている。そして現実の中にひっそりと紛れ込んでいる非現実、それもあからさまなまでの幻想を描き出している。それはまるでトライライトゾーンや世にも奇妙な物語タイプの作話であり、だからなのか読んでいてすごく既視感があったのだった。あ、だからといってよくなかったのではなく、むしろ幕の内弁当のような楽しさがあったのだった。

一言で云って若いなぁ、という読後感であったのだが、そう感じる理由は、どの話も、現在のさらっと不思議を語るいまいしんじと比べると、かなり文章技法のテクニックに走っているせいであろうか。もちろん面白いのだけれどややテクニックが目立ちすぎている(それが悪いわけでも失敗しているわけでもないのだけれど)せいで、作者のがんばりを意識してしまうのだ。まあ、それも込みで面白いのだけれどね。
とにかく、幻想的であったり人情噺であったり随筆風であったりと、手を変え品を変え読者を楽しませてくれることは事実だ。いや、実のところ書いている作者のほうが楽しんでいたに違いない。そう思わせる作品であった。作者自身が自分の中をいろんな引き出しガサガサあさっては宝物を見せてくれているような気がする。

もともとこの短編集が、東京の街を題にしてのお話というお題拝借的な構成であることで、こういう形になったのかなぁ、とも思うなぁ。物書きってそういう軽いしばりというか、ハードルがあると燃えるんだよね。逆に書きやすいというか、ネタを転がしやすいというか、決まり事をを基点としてバリエーションを広げやすいというか。ヨーヨーが手に固定されているから逆に勢いよくいろんな方向に投げては戻ってくる。そんな感じ? うーん全然判りにくい喩えだね。こりゃ。

自分はダッチワイフの物語(新宿)のファンタジーとホームレスの物語(浅草)のドラマ、そしてアングラバーの物語(田町)の祭りに、ぐっときたが、読む人によって、そして読むタイミングによって、ヒットするエピソードは変わるのだろう。そして、おそらくは繰り返し読んでも楽しめる話であろう。

それはそういう本である。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←CLICK!

東京夜話 Book 東京夜話

著者:いしい しんじ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« オイレンシュピーゲル(1) | トップページ | スプライトシュピーゲル(1) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京夜話:

« オイレンシュピーゲル(1) | トップページ | スプライトシュピーゲル(1) »