« ラズウェル細木のラ寿司開店!! | トップページ | 狐笛のかなた »

2006年12月11日 (月)

戴天高校勝利部

いやこれは実にチャーミングな物語だね。なんかすごく読んでいて楽しいのだ。基本的には萌えとヤオイとバトルに彩られたノーテンキラブコメディという直球ライトノベルで、設定も物語も特に目だって目新しいわけでもない。しかし、登場人物たちが実にイキイキとしている。楽しんでいる。そしてそれを書いている作者もきっとノリノリ悪ノリで楽しんでいる。そんな気分がすごく伝わってくるのだ。

実のところ、イラストレター緒形氏に助けられている(いいイメージングが出来た)ところもあるのは確かなのだ。もしこれがいかにも萌ぇ~なラノベ絵だったら興醒めしてしまったかもしれない。でも、作者のキャラクター造形力は上手いなぁ、とは正直思いますですよ。ストーリーもライトノベル的萌えシロを意図的に仕掛けとしてちりばめているところなど、確信犯じゃなぁ、と感心したしね。一人称視点をドラスティックに変えてしまうのは個人的には「だったらはじめから三人称で書きゃいいじゃん」と思わなくもないのですが、それもまた意味あってやっているようでもあるので、それだけをもって判断をするつもりはありませんよ。だって、気に入っちゃったんだもん。というわけで、とりあえず、次回作に期待するところ大です。

ちなみに作品の位置付けとしてはヘンな部活小説ということになるわけだが、あらためて考えると、このジャンルは良作が産まれることが多いように思うなぁ。バカバカしい妄想が暴走しやすいからなんだろうか。いずれ考察してみたいテーマですね。

戴天高校勝利部 Book 戴天高校勝利部

著者:夏希のたね
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ラズウェル細木のラ寿司開店!! | トップページ | 狐笛のかなた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戴天高校勝利部:

» 『戴天高校勝利部』 [Cherryh's blog annex]
『戴天高校勝利部』作者: 夏希のたね出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/11メディア: 文庫 ジャンプだ。 そっか、スーパーダッシュ文庫は集英社だしな。 きゃしゃで女の子っぽい主人公が、一目惚れした女性が部長を努める勝利部に入部し、「少年よ、最強を目指せ!」がモットーの戴天高校の期末試験で、最強を目指す。 そして、腕力で勝てない分、知恵をめぐらし、勝ち残って行く。 逆境を跳ね返して、勝負に勝ち続ける、という構図とか、すごい、ジャンプ的なライトノベル。それでいて、ライト... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 23時40分

« ラズウェル細木のラ寿司開店!! | トップページ | 狐笛のかなた »