« サインをつかめ! | トップページ | 皇帝ペンギンが翔んだ空 »

2006年11月20日 (月)

超鋼女セーラ

ものすごいベタで王道な(?)ライトノベルで、正直読後になにも残らないタイプのエンタテイメントではある。しかし。だから。ツボを見事に突かれたというべきなのだろう。はい、本気で楽しんでしまいました。いや、マジで面白かったんですよ。

ロボ娘と人間男子との純愛にキュン、ロボ娘同士のライバル的友情にキュン、ロボ娘に心があるのかというSF的命題にキュン、と確実に押えるべきところを押さえてきているのだ。読み手はそのレールの上を走っていけばいいだけなのだ。オリジナリティがないじゃんとか、タイトルが駄洒落じゃんとか、そういううがった見かたは必要なし。ただ純粋に楽しめるということも重要なんですよね、たまにはね。

たぶん、ここしばらくひねた邪気だらけの本ばかり読んでいたので、こういう単純明快なストーリーに見事にシンクロしただけなのかもしれないし、イラスト加点が多分にあったのかもしれない。読み時期によってはダメ出ししている可能性だって十分あっただろう。しかし、今、このときに読んで自分はよかったなぁ、と思うのであった。

超鋼女セーラ Book 超鋼女セーラ

著者:寺田 とものり
販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« サインをつかめ! | トップページ | 皇帝ペンギンが翔んだ空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超鋼女セーラ:

» 超鋼女セーラ 寺田 とものり [本を読みながら日記をつけるBlog]
あのね・・・・・・わたしの・・・・・・この身体ってさ。 えっちなこと、で・・・・・・できるの、かな? [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 22時13分

« サインをつかめ! | トップページ | 皇帝ペンギンが翔んだ空 »