« マリア様がみてる 大きな扉小さな鍵 | トップページ | 働きマン(3) »

2006年10月 6日 (金)

家守綺譚

読んでまず連想したのは、幻想譚の先達である漱石の「夢十夜」や足穂の「一千一秒物語」だったが、そこまで風景の切り出し的な話ではなく、起承転結的なつくりにはなっている。しかしそれらはさりげなくの範囲で作為的なドラマは設けていない。ひとつひとつの話は特段にドラマチックではなく、日常と非日常が混在する世界の描写でとどめられている。また、そのような世界が許される時代背景(おそらく明治、大正だろうか)に置くことで、さらに物語としてのリアリティを生み出しているのだが、それらをあからさまに明示するのではなくあくまでもさりげなく背景として溶け込ませる。

物語のジャンルとしては、マジックリアリズムとなるのだろうが、魔法というよりは、幻想、仙界や神代という世界との連続であり、つまり八百万的、原日本的な風景である。繰り返しになるが、これら世界観を成立させるための仕組みとして、ドラマチックな物語を背負うのではなく、普通の淡々とした生活を表することで、より親和させている。見事だなと思う。

さらに、そのような普段どおりの生活を描きつつも、一冊すべてを読み終わると、そこには現実の社会を生きていくことに対する覚悟、あるいは龍之介の「杜子春」的な成長(というとうがちすぎか?)が浮かび上がってくる。ゆえに読み終わると単なる幻想譚を読み終わった満足以上の、別の読後感を味わうのだった。

個人的には、解説にも書かれていたが、たぬきの恩返しのエピソードに、かなりウルウルきてしまった。人が持つ無意識の善意に対して、ああ、と思うのだ。

家守綺譚 Book 家守綺譚

著者:梨木 香歩
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« マリア様がみてる 大きな扉小さな鍵 | トップページ | 働きマン(3) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家守綺譚:

» 梨木香歩【家守綺譚】 [ぱんどら日記]
江戸時代と明治時代の境目で、人々はどうやって気持ちを切り替えたんだろう? 私がその時代に生きてたら、「皆さん、今日から明治時代です! 洋服を着ましょう!」と言われても、意地になって着物を着つづけるかも。周... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 13時05分

» 『家守綺譚』 [Cherryh's blog annex]
『家守綺譚』作者: 梨木 香歩出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/09メディア: 文庫 前々から気になっていた梨木香歩だが、気になりつつも手に取りづらく、この『家守綺譚』をはじめて手にした。 百年少し前、近代から現代へと移りつつある時代。文筆家の綿貫征四郎は、湖に消えた友人の父親から、家守を託された。綿貫は、家守をしに友人の実家に移り住む。そして、隣近所の人々やら、河童、狐狸、鬼などと交流し、サルスベリに惚れられたりする。 そういう時代に生きていたわけではないので、実感として... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 22時25分

» 太刀魚最高!! [芋焼酎のすべて]
先日釣った太刀魚で、味噌漬けにして焼酎と一緒にいただきました。すごくおいしかったです。作り方はすごく簡単で、太刀魚を食べやすい大きさにぶつ切りにして、白味噌を少量のみりんと酒でのばしたもので漬けるだけ!うまく漬けるコツは、一度太刀魚に塩して30分は寝か...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 15時39分

» 太刀魚料理第2弾 [芋焼酎のすべて]
太刀魚は、一夜干しも最高においしいですよ!作り方は簡単♪海水程度の塩水に昆布を入れて、太刀魚を漬け込み約30分。あとは、洗濯みたいに干すだけ。一晩だけね。酒の肴に最高ですよ!... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 16時37分

» 芋焼酎 桜島 [芋焼酎のすべて]
こんばんわ!!今日は、芋焼酎 桜島って言う芋焼酎呑みながら記事更新してます。黒麹仕立てはやはりハズレがない!!コクがあっておいしい。しっかり芋の風味と香りが生きてますね。ちょっと酔っ払って、なかなか文章書けない・・・・このブログも、40記事を超えアク...... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 01時23分

» 焼き芋焼酎 黒瀬 [芋焼酎のすべて]
お酒の事で、何でも調べられる僕の大好きな   ↓ ↓ ↓究極の芋焼酎を求めて [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 02時03分

» 太刀魚おいしかった! [僕と彼女と彼女の釣り日記]
昨日は、以前釣った太刀魚を味噌漬けにして食べました。白味噌でやると、ちょっと料亭気分♪おいしかった~ [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 14時46分

» 寒いけど… [僕と彼女と彼女の釣り日記]
今晩 出動しようかなぁ~(-_-)…今夜大阪湾は18時: 中潮・気温8℃・降水確率10%・南南東の風2m・波高50cm・満16:7・干23:55風はないし もう少し気温が高いと最高の釣り日和なのに……タチウオ釣れるかなぁ~迷ってます(^^... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 21時40分

» タチウオおやじ [僕と彼女と彼女の釣り日記]
私の甥はルアーでタチウオを狙うらしい…まだ一緒に釣行した事がないが 夕べ聞いた話では 神戸の方はまだまだ 入れ食いだと言う…ホンマかなぁ???甥「最近よく行くポイントに主がおるねん」と言う…ん?よく聞くと タチウオの季節になると 車で寝泊まりして住み着...... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 14時34分

« マリア様がみてる 大きな扉小さな鍵 | トップページ | 働きマン(3) »