« GA 芸術科アートデザインクラス(1) | トップページ | ピーターパン・エンドロール »

2006年10月29日 (日)

八月の博物館

相性はどんなものにもあるもんで、瀬名作品と自分のそれは、あまりよくないんだよなぁ、とこれまでの作品を読んできた中で感じていた。で、今回もやはり、なんかなぁ、と思ってしまったのであった。著者は文章巧者ではないとは思うが、かといって何を書きたいのかがとっちらかっているわけではない。理路整然と展開されているし、入子構造もスムースだと思う。でもね、なんかなかなか読み進められなかった。苦手意識なのだろうか。

内容自体はけっこう面白い。どこでもドアを(空想)科学的に設定し、物語を構築している。途中、急に伝奇的スタイルに変貌していったのには正直驚いた(えっ、これってSFじゃなかったのね!?)が、それもまたよし。全編を通じて論じられる物語論については、けっこう頷けるところがあるので、自分としては、そうそう、という気持ちで読むことができた。

ともあれ、読むのにかなりの時間を要してしまったのは事実。他の読者はどのくらいのペースで読んだのかが、ちょいと知りたいよ、というのが今の正直な気分です。

八月の博物館 Book 八月の博物館

著者:瀬名 秀明
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« GA 芸術科アートデザインクラス(1) | トップページ | ピーターパン・エンドロール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八月の博物館:

« GA 芸術科アートデザインクラス(1) | トップページ | ピーターパン・エンドロール »