« 世界の孫(1) | トップページ | 影踏みシティ »

2006年9月29日 (金)

墓場鬼太郎(1)

実は水木マンガをきちんと読んだのははじめてだったりする。鬼太郎の元々の話ってひどかったんだなぁ。正義妖怪でもなんでもねーじゃん。異質な存在が普通に地続きで存在し、人を巻き込んでいくという災厄のあり方は、実はかなり妖怪的といえる。キャラクターとしての妖怪ではなく、現象としての妖怪という意味だが、本来妖怪とは、現象に実体を人間が与えたものだからね。

絵が「ぽわ~」という水木絵じゃなく、アーリーアメリカンコミック風なのがまた新鮮。けっこう好みかもしらんな。

墓場鬼太郎 (1) Book 墓場鬼太郎 (1)

著者:水木 しげる
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 世界の孫(1) | トップページ | 影踏みシティ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墓場鬼太郎(1):

« 世界の孫(1) | トップページ | 影踏みシティ »