« 十三番目のアリス | トップページ | へうげもの(3) »

2006年8月25日 (金)

シックス・ルーン(1)

随分とエラソーな文章になってしまってすみません、なのだが。桜井亜美という作家の特質は、10代を生きる者の同時代性にあると思っている。ストーリー(設定)的にも、ガジェット(表現)的にも、その時代に生きる幼い男女の空気感を意識的にか無意識的かは判らないが、非常に重視している。それはデビュー作から一貫して変わらないし、今後も変わることはないのだろうな、と思っている。ジャンルでいえば、まさに成長痛小説。であるが故に自分は、この作家を追っているのだ、と思う。

で、そんな桜井亜美が書いたライトノベル。いったいどんなものになっているのかと思いきや、うーん、小説としては失敗なんじゃないかなぁ。ステレオタイプですらない、ものすごく段取りどおりに話が進むあらすじを読んでいるかのようだった。現実と非日常が共存するライトノベル的世界において、それをリアリティあるものにするには、登場人物が、いかに非日常を受け入れるかを、それなりに丹念に描く必要があると思う。多かれ少なかれそこには葛藤や混乱、コンフリクトがあってしかるべきだし、それを乗り越える姿を描くことで、登場人物に実在感を与えることができるのだと思う。

(実は、そんな段取りなんかしゃらくせえとばかりに暴走して強引に成立させてしまう手法もあるのだが、それはこの作者の資質ではないなぁ、という前提ですよ)

勝手な推測なのだが、ライトノベル的な部分については、作者自身に思い入れはなく、編集者なり識者なりのアドバイザーがいて、それに引っぱられて書いているのではなかろうか。

さて、とはいいつつも、10代の心情を時代の風俗を描き出す作者ならではの表現力は健在であり、それはさすがだなぁ、と思う。あとは、虚構の世界を寄り添わせることができれば、この話も大きく化けるような気がする。

シックス・ルーン〈1〉星ヲ守ル者たち Book シックス・ルーン〈1〉星ヲ守ル者たち

著者:桜井 亜美
販売元:ソニーマガジンズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 十三番目のアリス | トップページ | へうげもの(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シックス・ルーン(1):

« 十三番目のアリス | トップページ | へうげもの(3) »