« ウルトラマン誕生 | トップページ | だめあね☆☆ 山からブルマがおりてきた »

2006年7月13日 (木)

サマースクールデイズ

小細工のないすごく正統派、しかも話自体もさほど長くないので、一気に物語が終わってしまう印象だった。その分、主人公の心境の変化がストーリーの進行に寄り添って非常にシンプルにわかるようになっていると思う。それは云い換えると「単純」ということでもあるんだけれど、だからこそ高校生らしい悩みでもあるなぁと思う(と書いてみたが、現代社会における今日びの高校生はこんなにピュアじゃあないよなぁ?)。

恋愛模様もあるが基本的に友情の物語で、必要以上にエピソードを追加しないってのが自分としては好感触なのだが、サマースクールの日常のエピソードというものがスポイルされちゃっているともいえ、それはそれで読みたかったかもしれない。それは元々その長さが前提だったからこういう形になったんだろうかしらね。

サマースクールデイズ Book サマースクールデイズ

著者:深沢 美潮
販売元:ジャイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ウルトラマン誕生 | トップページ | だめあね☆☆ 山からブルマがおりてきた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマースクールデイズ:

« ウルトラマン誕生 | トップページ | だめあね☆☆ 山からブルマがおりてきた »