« 新カテゴリー設置しました | トップページ | 紀文大尽舞 »

2006年7月 7日 (金)

涼宮ハルヒの陰謀

ひさしぶりというか。今回は朝比奈さん完全フィーチャーといったところの物語。つまり。1巻「憂鬱」におけるハルヒとキョン、4巻「消失」における長門とキョン、と同様、朝比奈さんとキョンのスタンスと、そして各人のポジショニングの確認、という物語であったわけだ。なにより敵対組織も出てきて、全体の話としては起承転結の「承」に(ようやく?)突入したというところか。

ストーリー的にみた場合、そんなに傑作というほどでもないような感想なのだが、それは多分、自分がハルヒ小説に求めているモノが「日常の非日常」あるいは「非日常の日常」にあるからなのかもしれない。だから、敵対組織については、今後の物語を転がしていくための登場であることはまったく承知の上ではあるのだけど、しかし展開的にはありふれたライトノベルっぽくなってしまって、ちょっと興が醒める感じがしたのだ。
なんだろうね。普通。典型的。そういうのが好きじゃない自分の趣味のせいだからかね。元々、ハルヒシリーズって、典型的でお約束のベタなSFネタをこれでもかと盛り込んだサービス過剰さと、それを有効に活用しない贅沢っぷりにあると思っているので、このような展開は、典型的だいう意味において実にハルヒ的なのかもしれないけれど。

といいつつ、次巻に続く。

涼宮ハルヒの陰謀 Book 涼宮ハルヒの陰謀

著者:いとう のいぢ,谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 新カテゴリー設置しました | トップページ | 紀文大尽舞 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの陰謀:

« 新カテゴリー設置しました | トップページ | 紀文大尽舞 »