« 仔羊の巣 | トップページ | マリア様がみてる 仮面のアクトレス »

2006年7月 9日 (日)

DIVE!!(上・下)

ひさびさに大ヒットした。燃えた。面白い。未読の人は絶対読むべきだ。

ダイビングというマイナースポーツでの少年達の成長を描くスポーツ小説。簡単にまとめてしまうと単にそれだけなのだけれどね。
登場人物全員がしっかりと描かれている。夏の物語風の叙情的な雰囲気を残しつつぐいぐい進むストーリー展開。クライマックスの手に汗握る展開に、余韻と未来を感じさせるエンディングに泣かせる。これぞ本読みの醍醐味といってよいだろう。ああ、こんなに手放しでポジティブキャンペーン張ってしまっていいものだろうかとも思うが、まあ、自分の読後の感動をどうしても伝えておきたかったのですともさ。

ところで、一般的にこの手の物語は「スポ根」といわれるのだろうけれど、自分はそうじゃないだろ、と思っている。登場人物が潜在的な才能を、自己の成長と他者からの影響によって開花させていく物語だろ、と思っているのだ。それをもってスポ根というのなら、まあしかたないのかもしれないけれど、どうも「スポ根」という言葉の持つ、努力と根性で成長といった古くさい精神論的教養(強要)物語とは違うカテゴリーとして捉えたいのだ。例としては曽田正人作品(「め組の大吾」や「カペタ」)を上げたいが、つまりは、努力を要しないのではなく、努力によってすべて解決するという思想が嫌いなのかもしれない。

といいつつ。自分から書いておいてなんだけど、そんな小難しい屁理屈などどうでもいいっす。とにかく読め、と。それが唯一にして最大の賛辞だ。

補足。実はひとつだけ不満がある。タイトルの「!」2つ重ね。ちょっとチャラい感じでどうかと思うのですよ。まあ作中にエクスキューズされているんだけど、ちょっとね。好き好きなんだろうけれど、ね。

DIVE!!〈上〉 Book DIVE!!〈上〉

著者:森 絵都
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DIVE!!〈下〉 DIVE!!〈下〉

著者:森 絵都
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 仔羊の巣 | トップページ | マリア様がみてる 仮面のアクトレス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DIVE!!(上・下):

« 仔羊の巣 | トップページ | マリア様がみてる 仮面のアクトレス »