« 涼宮ハルヒの陰謀 | トップページ | 超人計画 »

2006年7月 7日 (金)

紀文大尽舞

とにかく! 基本的に歴史が嫌いなので、本当ならばこんな話は読まないはずなのだが、一連の米村作品の持つ時代物講談としてのリーダビリティには好意があったので、その流れで読んだわけだ。

その文章力や、あっけらかんとした明るさはそのままなのだが、しかし内容はハードというか生々しいというか、歴史上の史実をどれだけ読み替え、新たな事実を見出せるかというのが、この手の歴史秘話の真骨頂とするのならば、かなりうまくできているのかもしれない。

といいつつ、しかし、冒頭に書いたとおり歴史は嫌いだし、だから史実についての知識もないので、ここに書かれた内容がどれだけ独創的なのか、自分ではわからないのである。単に面白いなぁ、江戸時代のエスピオナージ的に楽しめるなぁ、と思うだけである。だから本作品の本質的な楽しみ方はしていないでしょ、といわれればそうなんだろうと思う。しかし、そんな下準備や共通知識がなくても読めるというのは、面白かったからでしょ、とも思う。

というわけで不満ではないのですが、でも、米村作品には、もう少し牧歌的な「花のお江戸の大騒ぎ」みたいな話を期待しますね、どうしても。

紀文大尽舞 Book 紀文大尽舞

著者:米村 圭伍
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 涼宮ハルヒの陰謀 | トップページ | 超人計画 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀文大尽舞:

« 涼宮ハルヒの陰謀 | トップページ | 超人計画 »