« ブレイブ・ストーリー(上・中・下) | トップページ | ウォー・ジェネレーション 放課後防衛隊 »

2006年6月19日 (月)

たましいの反抗記 すてるがかち!

面白かったわけじゃあないが、つまらなくはなかった。正しくは興味深かった。先行作品に引き寄せて語れば、蓬莱学園的舞台設定で指輪物語的ストーリー展開をするとどうなるか? という大いなる実験に立ち会う興味である。いや実際、まったくそういう話なのだから、ビックリである。しかも必要とは思えない風呂シーン等の萌えシロを投入して、それ系の読者にもアピール。みたいな部分もあり、もうどーとでもしてくれという感想だ。てなわけで、とりあえずは一気呵成に読みきったのではある。

それにしても文章的にはどうですかね? 科白の羅列によるストーリー進行はいいんだけれど、その科白があまりにもなにも説明しておらず、その場面でなにが起きているのか読者に伝わってこないというのはよろしくないなぁ。まったくの説明科白は鼻白むが、地の文がない以上、科白文で多少なりともその場面の状況とか道場人物の心情とか書かないと、作者の自己満足的な印象だけ残ってしまって、伝えるべきことが伝わらないと思うのだが。

しかし驚いたのは最後の最後でスール制度まで導入してきたこと。やりすぎだよ!

とりあえず、次回「二つの塔(笑)」に続くのですかね?

たましいの反抗記 すてるがかち! Book たましいの反抗記 すてるがかち!

著者:水城 正太郎
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ブレイブ・ストーリー(上・中・下) | トップページ | ウォー・ジェネレーション 放課後防衛隊 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たましいの反抗記 すてるがかち!:

» たましいの反抗記 すてるがかち! [ライトノベルっていいね]
たましいの反抗記 すてるがかち! 著者 水城正太郎 イラスト ミヤスリサ レーベル 富士見ミステリー文庫  これはもしやロード・オブ・・・・・・・  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  ... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 20時07分

« ブレイブ・ストーリー(上・中・下) | トップページ | ウォー・ジェネレーション 放課後防衛隊 »