« トリックスターズ | トップページ | トリックスターズD »

2006年5月18日 (木)

トリックスターズL

注意! 以下の感想には本編中の本質部分を連想させる記述があります。

今回もなるほどまんまと騙された。というよりも推理しようと呼んでいるわけではなったので騙されたというのとはちょっと違うのかもしれないが、あのオチは想定外でした。なるほど、ミステリを模した魔術師の物語と作者自身書いているとおり、この物語は「謎を解決する」ことを目的としているのではなく、「謎に説明をつける」ことを手段としている小説なのだ。云い換えると「謎を明白にする」
のではなく「謎を隠蔽する」ためのミステリであるってことだ。というわけで、まさに『秘されれたもの』という意味のオカルティズムに満ちた小説なのだなぁ。まさにトリックスターの物語だ。

ミステリの構造解体の小説ではある。密室なのにホワイダニットにするアクロバティックな構成は作者の遊び心/あるいは天の邪鬼ゴコロ、を、感じる。ミステリのためのミステリという構造は清涼院流水的で、密室として使役させるための密室という構造としては森博嗣を連想させる。ま、だからどうだということではないのだが、作者久住は将来的にそういう方向の作家になっていきそうな予感はあるなぁ。

ところで、自分がこのシリーズを気に入っている理由のひとつには、無駄なバトルシーン、アクションシーンがないことがある。かなり大きな理由だ。必要以上に書き込んだアクションシーンってライトノベルの悪癖のひとつだと自分は考えているのだ。あれはストーリーのスムーズな展開を阻害するからね。読むのに不要だし、正直迷惑(もちろん、それ自体を目的とする物語なら別だが)。まあそれ自身偏った考えなんだろうけれどね。

Book トリックスターズL

著者:久住 四季
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« トリックスターズ | トップページ | トリックスターズD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリックスターズL:

« トリックスターズ | トップページ | トリックスターズD »