« 涼宮ハルヒの退屈 | トップページ | お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文 »

2006年5月14日 (日)

撲殺天使ドクロちゃん

ライトノベルの極北とはよく行ったもの。正直どこをどう楽しめばよいのか皆目見当がつかぬまま読了してしまいました。なんだろうね、どんな本でも「面白い」とか「つまらない」とか、何かしらの感情の動きがあるもんなんだけど、この本は。全然、何にも、まったく、感じなかったのです。文章と眼のあいだに何重ものフィルターがかかっているようなそんな印象。

多分、キャラクターに対して感情移入が出来ないとか、シノプシスだけでストーリーが描かれていないとか、その気になろうと思えばいくらでもつっこめるんですけれどね。全然そんな気にすらならないのですよ。

読んでいるあいだは、涼宮ハルヒのシリーズと対比して、なにか語ってみようかとも、異人来訪譚の定石に関して考察してみようかとも思ったのですが、読み終えてみればなんかそんなことはどーでもいいやという気分になってしまっております。今はただ読み終えたなぁ。とそれだけしか感じるところはないです。

一応、完結しているので、自分としても完結。続きを読むことはないでしょう。

撲殺天使ドクロちゃん 1 (1) Book 撲殺天使ドクロちゃん 1 (1)

著者:桜瀬 みつな,おかゆ まさき
販売元:角川(メディアワークス)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 涼宮ハルヒの退屈 | トップページ | お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 撲殺天使ドクロちゃん:

« 涼宮ハルヒの退屈 | トップページ | お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文 »