« PLUTO(3) | トップページ | 侵略する少女と嘘の庭 »

2006年4月 6日 (木)

カーリー

注意! 本編の根幹に触れる感想が書いてあります。

前半、少女達の寄宿舎生活物語パートが実は一番のウリなのだろうが、自分としてはいまひとつピンとこなかった。というもの、ストーリーの展開がゆるやかということもあるが、エピソードが定型の羅列になっているせいかもしれない。「お約束」を楽しむ気分かどうかで読後感も違うのだろうが、今の気分としてはちょっとアンマッチであった。

おかげで後半、いきなりエスピオナージ小説として怒涛の展開をみせ、それに我ながら結構食いついてしまった。冷静になって考えれば、展開の伏線は荒っぽいし、科白で物語を進めてしまうしで、どうかな? と思うところはあるのだが、前半のからの転換があまりにもスパンと変わってしまったため、猫だましをかけられたかのようにまんまとはまってしまったようだ。

総括すると、わりと楽しんだかなぁ。ただし続巻はいらないかもしれないなぁ。というところである。

ちなみに、これが幼い少年少女の物語だからいいのであって、よっく考えれば、近親相姦に女装趣味、不貞の関係と、不謹慎のオンパレードだよ。自分的にはそういうモードで読んでなかったので微妙にひいたっす。

カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~ Book カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~

著者:高殿 円
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« PLUTO(3) | トップページ | 侵略する少女と嘘の庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーリー:

» ランジェリーの魅力 [私と下着の微妙なカンケイ]
少年の頃からずっと女性の下着に興味がありました・・・ [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 19時06分

« PLUTO(3) | トップページ | 侵略する少女と嘘の庭 »