« ねこめ~わく(4) | トップページ | 僕らの国 »

2006年1月21日 (土)

ドラグネット・ミラージュ

異世界からの来訪者とのバディストーリーは、さほど例が少ないわけではないが、典型的な刑事モノの設定によるライトノベルはあまりないかな。設定的にもストーリー的にも新機軸のアイディアというほどではないが、丁寧に書かれていて好感度は高い。面白かった。
あえて、希望を云うとするなら、訳者あとがき(笑)にもあるとおり、萌えキャラが少ないが、オレ的にはもっとオッサンだらけの話でいいと思うのだが。G.A.エフィンジャーばりなガチガチでハード、しかもウェルメイドでもある、と、そんな感じになると最高なんだけどな。

セマーニ人の蔑称が「宇宙人」となっているのが、(架空の)原作では「エイリアン(異邦人)」となっているのを意訳したっていう、深い意図があるんですかね。言葉による世界観の表現についてはけっこう神経を使っているようなので、きっと意識的なんだろうな。

次回作にも期待する。延々とシリーズ化しちゃって、すりきれない程度に続いて欲しい。

ドラグネット・ミラージュ Book ドラグネット・ミラージュ

著者:きぬた さとし,賀東 招二
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ねこめ~わく(4) | トップページ | 僕らの国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラグネット・ミラージュ:

» ドラグネット・ミラージュ/きぬたさとし 原案/賀東招二 [本を読みながら日記をつけるBlog]
以前から一部で評判だったのは知っていましたが、いざ読んでみるとあらゆる意味で「やられた!」でした。 異世界人と現代人のコンビが協力しながら難事件に挑む、このスタイル自体は決して目新しい物ではありません。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 12時56分

« ねこめ~わく(4) | トップページ | 僕らの国 »