« のだめカンタービレ(14) | トップページ | ダークタワー2 運命の三人 »

2006年1月16日 (月)

獣の夢

勿論面白いのである。お薦めなのである。

古いタームで語るなら「言霊による支配の恐怖」であり、今様に云えば「情報の変異が生み出す困惑」てな感じだろうか。人間の最大のコミュニケーションツールである言葉という奴は、思っている以上に不自由で、行間にこぼれ落ちていってしまう真実は多いのである。で、欠落した情報は、情報の受容者は自ら補うこととなり、故に当初の意味合いからは変異していってしまう。そういうことなのだろう。ま、そう云っている自分自身、この文章自身、言い表せておらず、故に読む側では「なにミスリードしてるんだよ」みたいに思うのだろうが。

中井拓志はクォータームーン以来、手を変え品を変えながら意識と情報について語ってるなぁ。そしてすべからく、基本的にはホラーではないのだなぁ。むしろミステリー。今回は特に警察小説、捜査小説的色合いが強い。それもまたよし。ま、恐怖ってのは怪奇だけじゃあないので、ね。

しかし、文体が、『ツッコミ文体(?)』で、それはそれで個性的で面白いんだけど、もう少しソリッドな感じのほうが好きかなぁ。好みの問題ですけれど。

獣の夢 Book 獣の夢

著者:中井 拓志
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« のだめカンタービレ(14) | トップページ | ダークタワー2 運命の三人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獣の夢:

» 中井拓志 『獣の夢』 [あゆっぴーのお部屋]
 中井拓志『獣の夢』  角川ホラー文庫の今月の新刊です。 あの『レフトハンド』の中井拓志氏の久々の書下ろしです。 猟奇的なバラバラ死体となぞの美少女、ディープなインターネットサイトと、ホラー文庫の定番を押さえています。『レフトハンド』みたいなぶっ飛んだ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 18時22分

« のだめカンタービレ(14) | トップページ | ダークタワー2 運命の三人 »