« 読書感想日記開始 | トップページ | 蟲と眼球と殺菌消毒 »

2006年1月 7日 (土)

さよなら絶望先生(2)

絶望した! あ。いや、面白いですよ。
1巻はキャラ紹介的な面もあって実はあまり広がりがなかったところもあるんだけれど、2巻目に入って久米田康治節炸裂である。ダジャレ誤変換的ネタから繰り広げられるバカネタの暴走っぷりがとても気持ちいい。サイコーデス。絵柄もアクがないし(悪意はあるけどな)、なんでブレイクしないんだろう。やっぱり底辺に流れるネガティブでダークな魂のせいか?。。。。。 ちなみに自分推しはとりあえず智恵先生ですか? ま、そういうキャラ萌えな読み方はしてないんだけど。

さよなら絶望先生 2 (2) Book さよなら絶望先生 2 (2)

著者:久米田 康治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さよなら絶望先生 1 (1) Book さよなら絶望先生 1 (1)

著者:久米田 康治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 読書感想日記開始 | トップページ | 蟲と眼球と殺菌消毒 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら絶望先生(2):

» さよなら絶望先生 [のろのろな日々]
やはり永眠ではなく冬眠だったか~な久米田氏の作品。あいかわらず(出版)ギリギリのネタでおもしろいけど大丈夫なのか?とハラハラします。(笑 [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 21時43分

« 読書感想日記開始 | トップページ | 蟲と眼球と殺菌消毒 »