« アブラクサスの祭 | トップページ | ヒッカツ!(2) »

2006年1月26日 (木)

ネペンテス

動揺すると悪いことが起こる少年。相手の弱みを知ることのできる少女。設定的にはいわゆる『セカイ系』ホラー。なのだが、不安や怪異が日常に紛れ込んでいる異質な雰囲気は、むしろ怪談と呼ぶべきなのだろう。面白いし、ちょっと嫉妬心も感じる。

作中、セカイ系設定に対する言及として「個人の力が世界に影響を与える、云々」という科白があって、なるおどそりゃそうだよなぁ。と思った(といいつつ、自分的にはセカイ系の自意識過剰っぷりなイタさは好きなのだけれどね)。

テクニック的な部分として、清水マリコ作品は他のライトノベルとあきらかに違うのは、おのまとぺを多用しない落ち着いた文章運びがある。読んでいて安心できるのだが、それって自分が歳をくったってことの裏返しなのだろうか?

ネペンテス Book ネペンテス

著者:清水 マリコ
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アブラクサスの祭 | トップページ | ヒッカツ!(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネペンテス:

« アブラクサスの祭 | トップページ | ヒッカツ!(2) »